株式会社千石(アラジンブランドの高級トースターでお馴染み)

現在、募集を停止しております。

業種:メーカー(その他) / メーカー(電子・電気・OA機器)

本社所在地:兵庫県加西市資本金:9,600万円売上高:161億円(2018年度)従業員数:195名 ※パートその他100名(2019年1月) 
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 総合職
  • 一般職
  • 最終更新日:2019/02/26

興味を持ったらすぐにアクション!

説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちら

「ひょうごオンリーワン企業」や「グッドカンパニー大賞」を受賞。特許技術「グラファイトヒーター」は当社の自慢です!

私たちは家電製品や調理器具、給湯器部品などを手掛けているメーカーです。
企画・開発から製造・販売、さらにはコールセンターまですべてを手掛ける自社内一貫体制こそが当社の特徴であり、強みです。

現在は自社ブランド『Aladdin(アラジン)』に力をいれ、暖房機器や調理器具などの商品を積極的に展開しています。なかでも当社の特許技術「遠赤グラファイト」を搭載した「グラファイトグリル&トースター」は大ヒット商品で、短時間でおいしいパンが焼けるトースターとして人気を誇っています。
0.2秒で発熱し、瞬時にカリッと美味しいパンが焼き上がる世界初のオーブントースターとして、TV番組「モーニングショー」や「せやねん!」をはじめ、数々のメディアで取り上げられました。累計販売台数は60万台を突破し、アラジンブランドを代表する商品となりました。

また2017年には、優れた技術や製品を有し、国内外で高い評価やシェアを得ている企業に贈られる「ひょうごオンリーワン企業」に認定、全国の中小企業のなかから経済的・社会的に優れた成果をあげている企業に贈られる「グッドカンパニー大賞優秀企業賞」という名誉ある賞を受賞しました。

千石の技術力、企業力をもってこれからは海外への販売も更に強化し、世界中の人々に豊かで便利な暮らしを提供したいと考えています。

世界の“SENGOKU”へ。

私たちの挑戦はまだまだ止まりません。

「遠赤グラファイト」が搭載された弊社自慢の製品、高級オーブントースター「アラジン グラファイト グリル&トースター」です。数年前からの大ヒット商品で、カラーバリエーションも増えました!
昨年はさらに改良を加えた新型を販売。使いやすさと性能がさらにグレードアップしました。人気商品だからこそ、さらにいいものを追及したい。メーカーとしての挑戦は続きます。

企画立案業務、図面作成、設計業務、試作、試験業務・・・製品が出来上がるまでを一貫して携わることができるのは、千石の技術職ならではの魅力です。
自分が担当する商品の立ち上げの際には、海外の工場へ出張し、現地のワーカーさんに技術指導をすることも。
お店で販売されているのを目にしたときの達成感は言い表せないほどですよ。

トップクラスの生産実績 「千石なんてブランド、聞いたことないぞ」

それ、正解。

国内で「千石」というブランド商品は販売していないからです。

だけど、家電量販店に並ぶオーブントースターやカセットコンロ、高級石油ストーブ・ファンヒーターの多くは、実は私たち千石がつくっています。

私たちがつくって、他のメーカーのブランドとして売る。

これをOEM(相手先ブランド名製造)といいます。

このOEM先は、世界を代表する家電メーカーがズラリ。

生産台数は、国内トップクラス。

そう、千石は一般の方には知られていなくても、業界では知らない人はほとんどいないんです。

もちろんOEMだけじゃなく、自社ブランドも積極的に展開しています。

それも「グリーンウッド」や「アラジン」といったブランドで展開しているので、千石の名前はココでも出てきません。

世界中で愛されている石油ストーブ「アラジン ブルーフレームヒーター」やTVや雑誌などメディアで度々取り上げられる高級オーブントースター「アラジン グラファイト グリル&トースター」なら、聞いたことがあるかもしれませんね。

OEMを通じて大手メーカー様からものづくりのノウハウを勉強しながら、自分たち独自の技術力をもって自社ブランドを展開する、それこそが私たち千石という会社なのです。

私たちはこれからも実直に、真摯にものづくりに向き合っていきます。
企画から販売まで、社内一貫体制 千石では、一部の部品の製造だけを手掛けるのではなく、すべて自社内で完成した商品を生み出せる、社内一貫生産体制をとっています。

自分たちが考えたアイデアは、自分たちでつくる。

だからこそ、一人ひとりが製品が完成するまで、しっかりと責任を持って関ることができます。

この一貫体制こそが、世界が認める千石のものづくりの根源です。
“SENGOKU”のグローバル戦略 70億人の巨大市場を見据え、海外へも積極的に展開しています。

たとえば……

・中国には二つの大規模工場があり、そこで資材調達から金型製作、量産化にいたるまで一貫生産を行う。

・2018年にフィリピン工場が稼働開始。

・アメリカ ロサンゼルスに事務所を構え、海外マーケットの開拓拠点として活動。

・石油ストーブやファンヒーターは、インテリアにも使えるお洒落なデザインが好評で、フランスを中心としたヨーロッパでも大人気。

・大気汚染問題を抱える中国で、2017年に空気清浄機の販売をスタート。

まだまだ、私たちの製品を必要としている国はたくさんあります。

これからは更に海外展開を加速させ、海外市場での売り上げを伸ばしていきます。
地域も大切に 千石はグローバルに展開しながら、地元への貢献、恩返しも大切にしています。

代表の千石唯司は、加西商工会議所の名誉会頭を務め、自社だけでなく地域の企業全体の発展のために精力的に活動しています。

また、美術品コレクターの趣味を持ち、兵庫県立考古博物館に300面を超える古代中国鏡を中心とした美術品を寄贈しました。

これらは歴史的、美術的に高い価値を有し、世界的にも大変貴重なものと評価され、千石コレクションと名づけられました。

これがきっかけで、加西市内にある兵庫県立フラワーセンター内に「古代鏡展示館」が開設され、千石コレクションを地域の方にも気軽に観覧していただけるようになりました。

加西市にある市民球場をネーミングライツで「アラジンスタジアム」とし、小中学生を対象にした野球大会も主催するなど、スポーツを通じた地域の交流、子どもたちの成長も見守っています。

世界の“SENGOKU”と地域の“千石”、どちらの活動も大切にしています。
特許技術 私たちは「遠赤グラファイト」という特許技術を有しています。

「遠赤グラファイト」とは、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材で、熱伝導率は銅の2〜4倍、遠赤外線量は同社カーボンの1.2倍といった特性を持っています。
キャッチコピーは「0.2秒で発熱」。商品にあわせて発熱体の形状を自在に加工出来る特性も持ち合わせています。

元々は電気ストーブのヒーターとして使用していましたが、調理器具にも応用できないかという発想から誕生したのが、大ヒット商品「アラジン グラファイト グリル&トースター」。現在では「グラファイトグリル&トースター」など調理家電のバリエーションも増え、いずれも当社を代表する大人気商品となっています。

これからもこのコア技術は大手メーカーからも引き合い多数。様々な製品に応用し、世界の人が喜ぶ私たちにしかつくれない製品を開発していきます。
事業内容 ●自社ブランド製品の製造
Aladdin(アラジン)、Sengoku Aladdin(センゴクアラジン)、Green Wood(グリーンウッド)という自社ブランドで暖房機器や調理器具等を製造しています。
(製造品目:トースター、グリラー、カセットコンロ、ガスストーブ、石油ストーブ、電気ストーブなど)

●OEM(他社ブランド)製品の製造
大手家電メーカー様のOEMメーカーとして、国内有名ブランド家電を多く製造しています。
(製造品目:暖房機器、ウインドウエアコン、オーブントースター、カセットコンロ、ウォーターサーバーなど)

●給湯器部品の製造
大手住宅設備機器メーカー様の協力工場として、給湯器や浴室暖房機の部品加工や、一部完成品等を製造しています。
本社所在地

〒672-2462

兵庫県加西市別所町395番地

TEL : 0790-44-1021    FAX : 0790-44-2191

大きな地図で見る

事業所 【本 社】
兵庫県加西市

【工 場】
本社工場(兵庫県加西市)
上野工場(  〃   )
宮前工場(  〃   )
西脇工場(兵庫県西脇市)
設立 1963年
代表者 代表取締役 千石 唯司
資本金 9,600万円
売上高 161億円(2018年度)
従業員数 195名 ※パートその他100名(2019年1月)
平均年齢 40歳
平均勤続年数 15年
主な取引先 (株)ノーリツ、パナソニック(株)、小泉成器(株)、ダイキン工業(株)、バルミューダ(株)、(株)山善、日立コンシューマ・マーケティング(株)、エッセジ、シャークニンジャ(株)、大成工業(株) 他
沿革
1953年 
三洋電機鞄次下請工場としてプレス加工開始
1963年 
法人組織に改め千石鉄工株式会社となる
1977年 
電気用品製造事業者登録をなし、家庭用電化製品を次々と製造
1993年 
新本社事務所・工場を建設
「株式会社 千石」に社名変更
千石家電(深圳)有限公司を開設、中国での生産を開始する。
香港事務所開設
1994年 
ロサンゼルス事務所開設
1997年 
ISO-9001取得
2003年 
東莞千石家電有限公司を開設し、中国2工場体制とする。
2005年
「アラジン」ブランドをM&Aにより取得し、「アラジン」を自社ブランドとして石油ストーブ、石油ファンヒーターの 販売を開始する。
2008年
エコアクション21認証取得。
2010年
千石家電(深セン)有限公司を恵州市に移転、千石家電(恵州)有限公司に名称変更。
2012年
千石智貿易(上海)有限公司を上海市に設立。

営業マンによる商談の様子です。自社ブランドはもちろん、OEM商品を一挙に販売します。最近は海外市場の開拓にも力を入れており、昨年はアメリカの大手メーカーとの取引が開始。海外営業部隊は得意の語学を活かしながら商談をまとめています。

製品の設計・開発を手掛けているのが私たち、開発部です!ものづくりに熱い想いをかける方はぜひ、私たちと一緒に働きましょう!次のヒット商品を開発するのはあなたかもしれません。

問い合わせ先 〒675-2462
兵庫県加西市別所町395番地

担当:総務部 係長 澤中和枝
TEL:0790-44-1021
TEL:0790-35-9562(総務部直通)
FAX:0790-44-2191
E-Mail saiyou@sengokujp.co.jp
交通機関 中国縦貫自動車道 加西IC下車 約10分 
信号(加西I.C前)を右折 
北へ2km信号(満久)を左折 
信号(別所町)を直進
約200mを右折

興味を持ったらすぐにアクション!

説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちら

千石にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
福祉機器「離床センサー」のトップシェア。自社製品を開発・販売する”モノづくり企業”です。〜安定経営〜
【災害から人を守る仕事】To see a Smile!
姫路発!ネット印刷サービスを企画・運営をしている会社です
「健康のことならゴダイ」と呼ばれたい!

このページのトップへ▲