• 積極的に受付中

株式会社IHIマスターメタル

業種:メーカー(鉄鋼・金属・鉱業)

資本金:5,500万円従業員数:72名(2019年4月実績)
  • 最終更新日:2018/05/30

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリー
説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちら

コーポレートメッセージは「Realize Your Dream」。先進のテクノロジーで社会の発展に貢献する!

蟹HIマスターメタルは、1983年に(有)石川島マスターメタルとして創設。

その後、1999年に株式会社化し、2008年に蟹HIマスターメタルに社名変更しました。当社は、ジェットエンジンや発電用ガスタービンで要求される耐熱超合金のインゴット専門メーカーです。

私たちのようにインゴットの製造に特化した会社は国内唯一で、他に競合する会社がないのも特徴のひとつです。そのため国内の需要はもちろん、北米、欧州、アジアと全世界のニーズに応えています。

主要製品である耐熱超合金のインゴットは、主に航空機用ジェットエンジン、自動車用ターボチャージャー、産業用ガスタービンに使用されています。
私たちが世界を相手に活躍できるのは、様々な国際機関や、航空機業界・エンジンメーカーからのハイレベルな認証取得に努め、アジアで初めてその認証を受けることができたからに他なりません。

コーポレートメッセージである「Realize Your Dream」は、蟹HI創業以来160年以上にわたり積み上げてきた技術力と人材によって社会の夢を実現するというIHIグループの使命をあらわしたもの。
私たちはその技術力と人材の力でお客さまの高い期待にこれからもお応えしていきます。

社風を一言で言うと、『自由闊達』。20代、30代の社員が多いため、自由に意見が言えて、働きやすいと感じられる職場です。

社員全員が働きやすいと思う職場にするために「設備投資」を行っています。設備を投資することで、効率よく作業が進むとともに、より高品質な製品を作っていきたいと思います!

世界の大手企業相手に仕事ができる 誰もが知っているボーイングやエアバスといった民間の旅客機に搭載されているジェットエンジンに、蟹HIマスターメタル製のインゴットが使用されているって素晴らしいことだと思いませんか?!これって本当にスゴイことなんですよ。当社で働くということは、世界の大手企業相手に仕事ができるということ。そして、世界中の人々の暮らしに役立つ仕事ができるということなんです。
国内に競合する会社はいません 他社では,精密鋳造用素材および特殊合金は精密鋳造会社が自社向けに製造しており,グループ外の他社に販売しているのは当社のみです!今後もさらに売上,利益を増やし,事業活動を継続していきます。そして利益の一部を従業員に還元し,従業員が働きやすい職場とするための設備投資を行なっていきます。
成長が著しい産業です 当社が製造している精密鋳造用素材および特殊合金は,航空エンジン,車両用ターボチャージャー,産業用ガスタービン向けであり,特に航空産業はLCCの定着で,乗客数が伸びており,成長が著しい産業です!
事業内容 (1) 精密鋳造用マスターインゴットの製造・販売
(2) 鍛造用,圧延用,溶接用,磁性体用,粉末冶金用合金の製造・販売
(3) 特殊高合金材料および合金電極の製造・販売
(4) 前各号に付帯関連する事業
本社所在地

〒678-0041

兵庫県相生市相生5292番地

TEL : 0791-24-2563    FAX : 0791-24-2570

大きな地図で見る

事業所 兵庫県相生市相生5292
設立 1983年6月10日
代表者 代表取締役社長 菅田 充陽
資本金 5,500万円
従業員数 72名(2019年4月実績)
平均年齢 37歳
平均勤続年数 8年

社内レクリエーションが多いです!何と言っても、参加率が高い!だから、自然と社員同士の仲も良いのが自慢☆BBQもよく開催します!

女性社員が多く活躍しています。女性にとって働きやすい環境を整えています!安心して長く働くことができます。

問い合わせ先 株式会社IHIマスターメタル 採用担当者
TEL:0791-24-2563(代表)
交通機関 最寄り駅:赤穂線「西相生駅」

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリー
説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちら

IHIマスターメタルにエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
日本で一番高い高層ビルも、駅前のあのショッピング施設も正光が関わっている。
国内新幹線の80%に当社の製品が使用されています!
〜高機能・高性能・高品質〜油圧機器製造における世界水準へのこだわり
待ってろ、世界。

このページのトップへ▲