株式会社 平福電機製作所

現在、募集を停止しております。

業種:メーカー(自動車・輸送用機器) / メーカー(鉄鋼・金属・鉱業)

資本金:2,000万円売上高:29億円(2018年3月実績)経常利益:1億8,000万円(2018年3月)従業員数:正社員 196名(男性:115名、女性:81名) (2018年11月時点)
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 最終更新日:2019/03/22

興味を持ったらすぐにアクション!

説明会/セミナー情報

現場やお客様との「つながり」が財産。人として成長できる喜びを感じます。

氏名 武内 尚之
所属 基板実装課 工作係
入社年度 2004年4月入社
卒業校 神戸国際大学 経済学部
【入社の決め手】

両親や友達がいる地元で、車が好きだったので自動車業界に絞って就活。人と話すことが得意ではないので、営業というよりも、アルバイトで経験していた製造職に携わりたいと思っていました。
平福電機製作所を知ったのは、合同説明会で。そのとき、仕事について説明して下さった方の人柄がよく、丁寧に一つひとつ教えていただいたことが好印象でした。工場見学で、それまで見ることのなかった自動車に搭載される細かい部品を目の当たりにして「もっとこの会社のことを知りたい」、「この現場で働いてみたい」という気持ちが大きくなり、入社を決めました。

【現在の仕事内容は】

入社してから、SMT(電子部品をプリント基盤に実装する技術)オペレーターとして、一から勉強しました。光都工場18ラインを各1名ずつで担当し、昼夜勤合わせて1日で4,000台ほど生産します。印刷→マウント→リフロー→ICT電機検査が基本の流れですが、製品によってプログラムを変えなければなりません。一人で任せてもらえるようになるまで、3ヶ月かかりました。
6〜7年目頃には、現場をまとめるリーダーとして、作業者のサポートにまわるように。現在は、生産者から計画者という立場に変わり、今までの経験を活かして三菱電機姫路製作所の依頼に対して生産計画を立案・実施しています。計画者は2名おり、機種によって担当が分かれているのですが、時には協力して仕事をクリアしています。

【うれしかったこと】

計画者として、現場と密に連携をとることで、生産計画がスムーズに実行され、自分が描いた生産状況が思い通りに出荷につながった時が、非常にやりがいを感じます。
人と話すことが苦手だった私ですが、仕事はさまざまな人とコミュニケーションをとり、協力しなければ成り立ちません。みんなと力を合わせることで、不可能を可能に変えることができるのです。今ではさまざまな部署や他社との交流があり、人とつながり合えることが私の大きな財産となっています。

先輩社員たち

平福電機の「高品質」は私が守る。最先端の生産ラインを立ち上げることも。

氏名 川口 卓巳
所属 基板実装課実装技術係 技術職
入社年度 2002年4月入社
卒業校 鳥取大学 工学部

興味を持ったらすぐにアクション!

説明会/セミナー情報

平福電機製作所にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
相生で創業95年!その蓄積された技術をベースに、今後も更に進化させていきます。
【業界1の生産量を誇る】日本国内すべての自動車メーカーに私たちが作った部品が使われている。それには理由がありました。
三菱電機の一員として、自由な発想と先端技術を駆使して、独創的で高品質な製品を生み出しています。
世界中で活躍する、“はたらくクルマ”を作っている会社です。

このページのトップへ▲

お申込すると、企業担当から日程等の連絡があります。
その時に希望する日程などを伝えておきましょう。
お申込します。よろしいですか?

※お読みください
お申し込みを行うと、企業が日程調整であなたの個人情報が必要なため
企業に対して個人情報が開示されます。

お申込のキャンセルを行います。よろしいですか?

お申し込みが完了しました。

のちほど企業から日程についての連絡があるので、希望する日程を調整しましょう。

閉じる
お申し込みをキャンセルしました。
閉じる